過ごしやすく、緑の多い街

住みやすい街として人気の杉並区~子育てするなら緑豊かな久我山~

Popular Suginami Ward

久我山エリアの魅力を知る!

杉並区にある久我山は、東京でも人気の高いエリアです。周辺には大きな公園が多く、緑が豊かにある事を始め、治安の良さや都心へのアクセスのし易さなど、様々な点で過ごしやすいと評判です。そのため、小さなお子様がご家庭に居るファミリー層に人気が高い地域です。

都心の駅へのアクセスが便利~子連れのママさんにも優しいエリア~

久我山エリアの中心である久我山駅は、京王電鉄井の頭線が通っています。そのため、渋谷、吉祥寺、下北沢などの若者に人気のある場所まで容易にアクセスが可能です。具体的には、久我山駅から吉祥寺までは5分、下北沢まで12分、そして渋谷まで18分と、20分以内にアクセスできるため、立地によっては家から渋谷まで30分もかからない場合もあります。この交通の利便性が久我山の魅力であり、休日は家族でお出かけして遊ぶという時も、車がなくても気軽に行えます。

安心して生活できる環境~子供がいるからこそ治安の良さが大切~

久我山は閑静な住宅街であり、静かでのびのびとした町並みも魅力の1つです。中でも特筆すべきは治安の良さです。都心から若干離れている事もあり、都心のような喧騒や怪しい雰囲気が殆ど無いのは久我山に住む上で重要なポイントの1つといえます。よって、安全性が高いため小さなお子様がいる家庭におすすめできます。

都会にいても自然を感じる~緑豊かな場所でのびのび子育て~

久我山には公園が多く、それに伴い自然が豊かなのも特徴です。そのため、久我山を歩いていると緑を見かける事が多いです。木々は春夏秋冬で様々な姿になり、風がふけば草木のざわめきが静かな街にこだまします。のんびりした時間はテレビを付けずに耳をすまして、静かで落ち着いたひとときを味わうというのも良いかもしれません。

子育てには充実した制度が必要~児童手当・特例給付について~

久我山がある杉並区では、子供が中学三年生までの間は児童手当を受ける事ができます。杉並区のホームページには具体的な手当額が掲載されており、3歳未満の場合、3歳以上小学校修了前の場合、中学生の場合と3つに区分されています。平成24年から児童手当に所得による制限が設けられ、所得金額に応じて従来の児童手当もしくは特別給付に分かれています。所得制限限度額以上の場合、年齢に区別なく一律5000円の給付額となりますが、所得制限限度額未満の場合3歳未満なら15,000円、3歳以上小学校修了前なら10,000円(第3子以降は15,000円)、そして中学生も同じく10,000円となっています。なお、所得制限限度額については杉並区ホームページにて詳細情報が紹介されています。

久我山に住んでいる人の声~口コミでの評価をチェック~

女性アイコン1

(30代/既婚)

吉祥寺や渋谷、新宿も全部電車で20分以内に移動できてすごく便利です。おかげで気軽に買い物に出かける事ができるので不自由しません。また、地元のスーパーも品揃えが良い上に農家直送の野菜が買えたりと、買い物で不便を殆ど感じません。

女性アイコン2

(40代/既婚)

久我山付近は本当に緑が多い。公園も充実しており、大きな公園だとウォーキングや朝の散歩にも使えるので運動不足を解消したり家族でコミュニケーションを取りやすかったりと、意外と公園を利用する事が多い。

女性アイコン3

(20代/既婚)

病院の数が多いなと個人的に思いました。内科や産婦人科、耳鼻科など個人経営のクリニックがあちこちにあり、徒歩でも気軽に通える位置にもあったので心強かったです。いざという時に病院が近くにあると思うと安心できるのが嬉しいです。

久我山でファミリーマンションを購入~周辺に公園があるメリット~

Benefit of the park

子供達にとっても嬉しい遊び場

公園が近くにあるというのは、日々の生活に様々なメリットをもたらします。例えば、公園が近くにあると子供の遊び場として活用できますし、近所の人達との交流の場所にもなります。規模によっては体育館やバーベキューサイトも併設されている事もあるので休日は家族で楽しむ場所としても使えます。そのため、サッカーやフリスビーで遊んだり、犬の散歩にも利用できる公園は、家の近くにあるのとないのとでは利便性が大きく違ってくるのです。また、いざという時の避難場所としても使えるので、近くに公園があると素早い避難ができるというのも隠れたメリットの1つといえます。

マンションから眺める景色の良さ

公園は公共の施設なので滅多な事で取り壊されないため、付近の環境が殆ど変わらないのもメリットといえます。もし公園ではない場合、ビルなどが立ち、見た目や日照などに悪影響が及ぼされる可能性があるからです。そのため、近所が公園ならば、景色の良さを保ち続ける事が可能です。また、緑が多い事で快適性は大きく変わります。具体的には、緑の多い地域は少ない地域に比べて気温が低い傾向にあるため、夏場でも周囲に比べて少々過ごしやすい気温になる事が多いです。何より、緑が多い景観というのは、目に優しく、心を落ち着かせるリラックス効果も望めます。他にも、木々が遮蔽物となり部屋の中が他人の視界に入るのを防いでくれるというメリットがある場合もあります。